権利収入の代表格と言えば?

fudousan

こんにちは。

副業アカデミー代表の小林昌裕です。

 

前回は「権利収入」の重要性についてお伝えしました。

今回からはその「権利収入」を得るための具体的な方法についてお伝えしていこうと思います。

権利収入の代表格

今回取り上げるのは「不動産投資」です。

「権利収入」を得る手段の代表格と言っても良いでしょう。

 

不動産投資と聞くと、

「ローンを組んで物件を購入したは良いが入居者が集まらなかったり、家賃を滞納されたりしたらどうしよう」

といった不安を感じる方もいらっしゃると思います。

 

しかし、これらの不安は一つひとつ冷静に向き合えば、解決できるものがほとんどです。

 

まず入居者が集まらないという問題ですが、立地地選び、つまりは需要がある場所を選ぶことで解決できます。

例えば、東京都23区内の場合、駅から徒歩10分圏内なら借り手は沢山います。

地方の物件を購入する場合でも、そのエリアの賃貸需要や家賃相場をしっかり調べるなどの準備をしておけば、

まだまだ他の業界よりも勝ちやすい市場です。

 

次に家賃滞納についてですが、もちろん可能性が無いわけではありません。

しかし、もし滞納が発生してしまった場合でも対応は管理会社が代行してくれますし、

管理会社の空室保証などを使える場合もありますので、不動産投資のスキームが揺らぐほどの問題ではありません。

そして、こうしたデメリットを補って余りあるほどに不動産投資から得られるメリットはとても魅力的なのです。

その中でも特に魅力的な3つのメリットをご紹介します。

不動産投資のメリット

メリット1 何もしなくても定期的な収入が得られる

家賃収入

会社員の方にとって、ほとんど何もしなくても収入が得られるというのは衝撃的かと思います。

私も不動産投資から副業を始めましたが、最初の家賃収入が入ったときは本当に感動しました。

今現在も50室近くを運営していますが、不動産賃貸経営に使う時間は1ヶ月に1時間くらいです。

それでも毎月安定的に家賃が振り込まれて、キャッシュフローがたくさん残るので、本当に素晴らしい仕組みだと思っています。

 

メリット2 副業禁止の会社でも不動産投資はリスクが低い

「就業規則に『副業禁止』と書いてあるので、不動産投資を始めるのが怖い」

というお話をよく聞きますが、

不動産は「相続」する場合もあるという点で、部分的に認めている企業も多いですし、

また公務員でも取り組むことが許されている数少ない副業でもあります。

実際、サラリーマンの方はもちろん、公務員の方でも不動産投資をされている方は意外と多いのですよ。

 

メリット3 資産価値が残る

不動産は「現物資産」なので、たとえ築年が古くなったとしても価値がゼロになることはまずありません。

(土地付きの物件であればなおさらです。)

一方で金融機関から借り入れたお金は、返済期間に比例してにどんどんゼロに近づいていき、いずれはゼロになりますので、

遅かれ早かれ含み益を享受できる状態が訪れます。

もちろん購入する物件の選定はしっかりする必要がありますが、他のビジネスや投資に比べて非常に底堅く、

リスクの低い資産形成が可能になります。

 

サラリーマンやOLの方でも手軽に始められますし、権利収入を得ていく上で不動産投資はとても賢い選択です。

では、その不動産投資には、具体的にどういった投資法があるのでしょうか?

続きはまた次回お届けしようと思います。

おわりに

不動産投資にご興味のある方は是非セミナーへお越しください。

不動産投資について全てを経験している私や講師があなたの疑問を解決します。

直近のセミナーの日程はこちらからご覧くださいね。

 

それでは、また。

  • メルマガ&LINE@

    メルマガ登録ボタン

     

    LINE@登録ボタン
  • PickUpセミナー

  • 最新記事

  • セミナーお申込み・資料請求お申込み

    副業アカデミーでは、セミナーのお申込み・資料請求のお申込みを随時受け付けています。
    まずはお気軽にお申込みください。

    弊社では業務に際しお客様のプライバシーを尊重し個人情報に対して十分な配慮を行うと共に大切に保護し適正な管理に努めております。



    個人情報利用目的

    お客様の個人情報は、原則として、当社のサービスに関する情報をご提供する目的や当社に対するご意見、ご要望に関する今後の改善、及び、問い合せに関するご回答のために利用致します。 それ以外の目的で利用する場合は個人情報をご提供いただく際に予め目的を明示しておりますのでご確認下さい。




    個人情報の管理

    お客様の個人情報は、第三者がアクセスできないよう、安全な環境下で管理しております。



    第三者への情報提供

    お客様の個人情報は、以下の場合を除き第三者に開示、提供、譲渡することは致しません。
    ・当社の業務委託先、グループ関連会社において業務遂行上必要な場合
    ・法的拘束力がある第三者機関からの開示要求がある場合
    ・お客様本人の同意があった場合



    お問い合わせ窓口

    お客様の個人情報に関するお問い合わせにつきましては、下記窓口で受け付けております。
    株式会社レベクリ
    〒103-0033 東京都中央区新川1-6-11 ニューリバータワー3階
    TEL03-5244-9409