12社調査【フリーランス協会】が発表!各社の副業解禁への取り組みとは?

最終更新日:2019年12月15日

 

こんにちは。副業アカデミーです。

 

 

もうすぐ2019年も終わりますね。

令和元年も様々なことがありましたが、何と言っても今年の4月には『働き方改革法』が施行され、多様な働き方を国として推進する方向となりました。

 

そんな中、フリーランス支援、福利厚生を提供する非営利支援団体「一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」は、「副業解禁企業12社の運用制度に関するヒアリング調査報告書」を公開しました。

 

 

◆本コラムは下記記事を一部引用・参考にしております。

------------------------------------------------------------------------

副業解禁企業12社の運用制度に関するヒアリング調査報告書 - フリーランス協会

https://blog.freelance-jp.org/

 

副業解禁企業12社の運用制度に関するレポートを公開 - フリーランス協会

https://blog.freelance-jp.org/20191211-6356/

------------------------------------------------------------------------

 

 

副業解禁企業12社の運用制度に関するヒアリング調査報告

今回2019年夏から秋にかけてフリーランス協会が行った調査は、副業を解禁している一部上場企業から中堅・スタートアップの12社となり、副業を解禁する目的や実際の制度、ルール、その実態が明らかになっています。

 

■調査協力企業(かな順)

株式会社エンファクトリー

コニカミノルタ株式会社

サイボウズ株式会社

さくらインターネット株式会社

株式会社新生銀行

株式会社スープストックトーキョー

ソフトバンク株式会社

株式会社タニタ

MAMANO CHOCOLATE

株式会社メルカリ

株式会社リクルートホールディングス

ロート製薬株式会社

 

 

ヒアリング内容

上記12社にヒアリング内容は下記のようになっており、かなり詳細にまで副業解禁の実態がわかるようになっています。一部を紹介させて頂きます。

 

  • 業種
  • 従業員数
  • 副業解禁日
  • 就業規則変更の有無
  • 副業申請の有無
  • 副業先の条件
  • 副業者社内公開の有無
  • 副業解禁のきっかけ
  • どんな会議で決めたか?
  • 議論された課題や懸念点
  • 副業している人の人数
  • 主な副業業種
  • 副業解禁後の効果

 

調査の結果はフリーランス協会のサイトに公開されていますので、ぜひ確認してみてください。

 

どの企業も目的や取り決めの内容は様々で、まだまだ課題はあるにせよ個人だけに留まらず、企業としても働き方への多様化が進んでいるように思いました。

 

 

あなたはの会社は、いかがでしょうか?

それを考えるキッカケになるかもしれませんね。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter

メルマガ&LINE@

Pickupセミナー

不動産投資
特別企画
メルカリ
特別企画
トレード入門

セミナーお申込み・資料請求お申込み

副業アカデミーでは、セミナーのお申込み・資料請求のお申し込みを随時受け付けています。

まずはお気軽にお申込みください。