TOP>コラム・お知らせ>副業アカデミー株式トレード日記Vol.46「ここが頂上かどうかはチャートに聞くしかないのだ」の巻

副業アカデミー株式トレード日記Vol.46「ここが頂上かどうかはチャートに聞くしかないのだ」の巻

トレード日記vol46

こんにちは。

副業アカデミーの谷口です。

 

大統領選、荒れてますね。

今のところはバイデン候補が優勢のようですが、最終的な結果はどうなるんでしょうか?

というか、ちゃんと選挙として成立するんでしょうか?

 

民主主義の根幹を成す選挙が、民主主義大国であるアメリカで

こんな状況になっていることがちょっと悲しいと言うかなんというか、

複雑な気持ちですよね。

 

ということで、今週もトレード日記はアメリカの話題を交えてお届けします。

それで、早速いってみましょう!

やっときゃよかった!

谷口

林さん、お疲れさまです!

林先生

お疲れ様です...

谷口

あれ、どうしました?

林先生

谷口さん、僕は悔しいんです...

谷口

あぁ〜、ひょっとして買うの我慢してたダウが良い感じに上がったことを言ってます?(^_^;)

林先生

そうです!もう悔しいのでチャート出しちゃいますけど、

林先生

縦線が先週の金曜日です。ここで入ってたら今頃谷口さんに「叙々苑行きましょう」って言ってましたよ!

谷口

たしかに、これは見事すぎるくらい見事には反発して連騰していきましたよね。でも、逆に今は売りたい感じになってますよね?新値更新5日目以降の反対の色、上値も切り下がっているし、そろそろ下落局面に移るんじゃないか説ありません?

林先生

そうですね、そんな風にも見えます。前の安値を割るかどうかが見どころです。次のチャンスこそは...

谷口

(は、林さんの背中にオーラがほとばしっている。よっぽど悔しかったんだろうなぁw)

振り返れば...

林先生

あっそうだ谷口さん、もう1個話しておきたいことがあって、日経平均なんですけど。

林先生

コロナの影響はなかったことになりましたねw

谷口

本当に、えげつない戻しですよね。そして29年ぶりの高値でしたっけ?週明けからどうなることやら。でもダウがここで折れるなら、それにツラレて日経も下がるってことありませんか?24,000円ってコロナの前もずっと意識されてた水準ですよね?

林先生

今回は前回ウロウロしていた金額を超えてますからね。このまますーっと上昇も考えながらやらないと危険ですが、谷口さんの言うような展開も考えられますし、ダラダラと横這う可能性もあります。結局はその時その時のチャートに聞くしか無いんですよ。

谷口

なるほど

林先生

今後もチャートにお話を聞きながらトレードしていきましょう。今回のダウもチャートの言うとおりだったんですから。

谷口

はい!

まとめ

ということで、今週は

「やっときゃよかった!」の林さんと

「やっぱり株価は景気には連動しない!」と感じた谷口でした。

 

これだけ赤字決算が連発しているなかでの年初来高値更新。

日銀さんは日経平均が16,000円くらいになった時も買い支えてたはずなので、

もう完全に黒字でしょうね。

結局下がったら買う、上がったら売るという単純な行動こそが

相場における正解なのかも知れません。

って言いながらそれが出来ないんですが...

 

それではまた!

  • メルマガ&LINE@

    メルマガ登録ボタン

     

    LINE@登録ボタン
  • 最新の記事

  • Pickupセミナー

  •  

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter で副業アカデミーをフォローしよう!


    セミナーお申込み・資料請求お申込み

    副業アカデミーでは、セミナーのお申込み・資料請求のお申込みを随時受け付けています。
    まずはお気軽にお申込みください。

    弊社では業務に際しお客様のプライバシーを尊重し個人情報に対して十分な配慮を行うと共に大切に保護し適正な管理に努めております。



    個人情報利用目的

    お客様の個人情報は、原則として、当社のサービスに関する情報をご提供する目的や当社に対するご意見、ご要望に関する今後の改善、及び、問い合せに関するご回答のために利用致します。 それ以外の目的で利用する場合は個人情報をご提供いただく際に予め目的を明示しておりますのでご確認下さい。




    個人情報の管理

    お客様の個人情報は、第三者がアクセスできないよう、安全な環境下で管理しております。



    第三者への情報提供

    お客様の個人情報は、以下の場合を除き第三者に開示、提供、譲渡することは致しません。
    ・当社の業務委託先、グループ関連会社において業務遂行上必要な場合
    ・法的拘束力がある第三者機関からの開示要求がある場合
    ・お客様本人の同意があった場合



    お問い合わせ窓口

    お客様の個人情報に関するお問い合わせにつきましては、下記窓口で受け付けております。
    株式会社レベクリ
    〒103-0033 東京都中央区新川1-6-11 ニューリバータワー3階
    TEL03-5244-9409