TOP>コラム・お知らせ>チュートリアルの徳井さんの税務申告漏れ、と老後資金セミナー

チュートリアルの徳井さんの税務申告漏れ、と老後資金セミナー


 
こんにちは!
副業アカデミー代表の小林昌裕です。
 
 
チュートリアルの徳井さんの税務申告漏れがかなり話題になってますね。
 
税金対策のために設立した会社の税務申告漏れに加えて、社会保険にも加入してなかったことも判明しましたが、これはさすがにちょっと異常だなと私も感じます。
決算処理や確定申告を税理士さんに単発で依頼していて、顧問として毎月の数字を管理してもらっていたわけではなさそうですが、あれだけのご活躍をしていて収入も非常に多い方なのに、どうして?って感じです。
 
過去に法人の決算処理をした経験はあるわけで、直近3年分の決算処理をしなかったことが「想像を絶するだらしなさ」が理由というのにはたまげます。
更に社会保険未加入ですから、ルーズ・怠慢の範疇を超えていますね、完全に。
 
 
過去にも何度も申告が遅れて税務署から催促されてそれでようやく何年分かまとめて申告していたようですから、もう癖になってしまってたんでしょうね。。。
 
これは私がいつも言っている言葉なんですが、「負い目のない人生」を生きることがとても大切ですね。
 
 
さて、本題です。
 
 

【無料】老後資金2,000万円問題スパッと解決!セミナー

20190810_2000万セミナー
https://fukugyou-academy.com/seminar/20million-20191108/
 
11月8日(金)に開催するこちらのセミナー、年内の開催はこれが最後になり、来年の開催も未定です。
 
 
金融庁が老後資産について年金だけで生活費をまかなえなくなる可能性が高いと発表した後で、急遽撤回となって世間をざわつかせた「老後資金2000万円問題」に具体的な手段を持って対策するためのセミナーです。
 
 
報告書の内容を国が認める認めないは置いておいて、公的年金だけでは満足な生活水準に届かない可能性が非常に高いことは間違いありません。
 
「自助」の充実を図っていくべきであり、「勤労継続」「支出の削減」「資産運用」の3つが必要で、つまり、「長く働いて、ビジネスや投資もやって、節約しなさい。」ということになります。
 
 
公的年金だけでは足りないのでその分を自分で何とかしなさいということです。
 
これからの日本は甘くありません。
 
 

登壇するのはFPの岡雅代さん

これまで数多くの方にマネープラン&ライフプランのアドバイスをしてきたファイナンシャルプランナーの岡雅代さんと、私、副業アカデミー学長の小林昌裕が講師を勤めます。
 
「目の前のことでも精一杯なのに、老後のことなんて...」
「2,000万円の資産なんてどう頑張っても無理!」
 
というあなたのへ、現状を把握していただき、具体的な手段をお伝えし、どうやって2000万円を作るかということについてご理解いただきます。
 
 
もちろん質疑応答の時間も設けていますので、当日学んだことの中から浮かんできた新たな疑問もその場で解決していただくことが出来ます!
 
ご家族・親子でのご参加も大歓迎です^^
 
 
令和の時代を強く生きていく力を付けるために、小さな一歩を踏み出しましょう!
 
 
 
あなたのご参加をお待ちしております。
 
それではまた
 
 

  • メルマガ&LINE@

    メルマガ登録ボタン

     

    LINE@登録ボタン
  • 最新の記事

  • Pickupセミナー

  •  

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter で副業アカデミーをフォローしよう!


    セミナーお申込み・資料請求お申込み

    副業アカデミーでは、セミナーのお申込み・資料請求のお申込みを随時受け付けています。
    まずはお気軽にお申込みください。

    弊社では業務に際しお客様のプライバシーを尊重し個人情報に対して十分な配慮を行うと共に大切に保護し適正な管理に努めております。



    個人情報利用目的

    お客様の個人情報は、原則として、当社のサービスに関する情報をご提供する目的や当社に対するご意見、ご要望に関する今後の改善、及び、問い合せに関するご回答のために利用致します。 それ以外の目的で利用する場合は個人情報をご提供いただく際に予め目的を明示しておりますのでご確認下さい。




    個人情報の管理

    お客様の個人情報は、第三者がアクセスできないよう、安全な環境下で管理しております。



    第三者への情報提供

    お客様の個人情報は、以下の場合を除き第三者に開示、提供、譲渡することは致しません。
    ・当社の業務委託先、グループ関連会社において業務遂行上必要な場合
    ・法的拘束力がある第三者機関からの開示要求がある場合
    ・お客様本人の同意があった場合



    お問い合わせ窓口

    お客様の個人情報に関するお問い合わせにつきましては、下記窓口で受け付けております。
    株式会社レベクリ
    〒103-0033 東京都中央区新川1-6-11 ニューリバータワー3階
    TEL03-5244-9409