TOP>コラム・お知らせ>おすすめしない副業とは?低リスク&スキルが活かせる副業も合わせて解説

おすすめしない副業とは?低リスク&スキルが活かせる副業も合わせて解説

コラム:おすすめしない副業

「働き方改革」の推進や「新型コロナウイルス」感染拡大の影響で働き方を考える機会が増えてきている昨今。

今の仕事だけをずっと続けることに不安を感じる方も多いのではないでしょうか?

 

そんな中で、注目されているのが「副業」です。

会社に勤めている方だけでなく、主婦の方も含めて、副業を始める方が増えています。

厚生労働省が発表している『副業・兼業の現状①』という資料でも副業を検討・開始する雇用者が増えているデータが示されています。

しかし、ひとくちに「副業」といっても多種多様。

あまりおすすめ出来ないものがあるのも事実です。

せっかく始めた副業なのに失敗したり上手くいかなかったりしたら本末転倒ですよね。

そこで今回はそんな「おすすめしない副業」について触れていきます。

副業を探している方のお役に少しでも立てれば幸いです。

おすすめしない副業の特徴

様々な理由により、おすすめしない副業がいくつも存在します。

そんなおすすめしない副業には共通の特徴がありますので、代表的な特徴を3つご紹介します。

 

1.スキルが身につかない

副業は報酬が得られるだけでなく、仕事に役立つスキルを身につける、知識を増やす上でも有効な手段です。

複数のスキルや知識をかけ合わせれば人材としての希少価値が高まり

  • 転職
  • 退職
  • 新しいビジネスを始める

などの際に重要な「稼ぐ力」を高めることができます。

また、今携わっている業務でもスキルを活かして業績を上げたり、それに付随して好条件で他社からヘッドハンティングのオファーも可能性があります。

そうした観点から、何のスキルも身につかない、または報酬のアップが難しい単純作業などの副業はおすすめできません。

 

2.リスクが高い

高額な資金が必要になるようなリスクの高い副業もおすすめできません。

失敗すると生活や本業に支障をきたす可能性があるため、副業はあくまで余剰資金で取り組むべきです。

特に投資や物販は、正しい知識なく始めると、成果が出ないだけでなく大損をする可能性もあります。

マネーゲームとして楽しむ分には問題ないかもしれませんが、副業として挑戦するのであればきちんと知識やノウハウを学んでからにした方が賢明です。

 

3.時間を切り売りしている

単価や時給で報酬が決まるタイプの副業は

  • 効率化して時間当たりの作業量を増やす
  • 労働時間を増やす

の2つくらいしか収入を増やす工夫ができないため、収入が頭打ちになりやすいのでおすすめできません。

働いた分だけ確実に収入になるので、たしかに、今すぐ手元にお金が必要な時や、次の副業のための資金作りなどには有用です。

ですが、本業の合間をぬって取り組む副業の場合、プライベートの時間が削られて疲弊するだけになってしまう可能性もあります。

また、時間を切り売りする仕事では、自分で稼ぐためスキルや知識やテクニックなどが身に着けにくい傾向が強いので、その点も注意が必要です。

消耗するだけ!おすすめしない副業は?

おすすめしない副業の「特徴」をご紹介しましたが、具体的にどんな副業はやめておいた方が良いのでしょうか?

こちらも3つご紹介しようと思います。

 

1.内職

シール貼り

内職は自宅で好きな時間に作業できるので、主婦などに人気があります。

しかし、副業としてはじめるのであればおすすめしません。

  • データ入力
  • シール貼り
  • 梱包
  • 商品の清掃

などは誰にでも簡単に出来るうえ、あまり体力も使わず気軽な一方でスキルが身につかないため発展性が見込めません。

特にシール貼りは人気の高い内職ですが、ただただシールを製品に貼るだけの作業になるのでステップアップが望めないうえ、単価も非常に安いので、「◯万円くらい稼ぎたい」といった具体的な目標金額がある人にはとてもつらい作業になってしまいます。

2.アンケートモニター

アンケートモニターとは、アンケートサイトなどに登録し、企業から新商品の感想などを依頼されたアンケートに回答することで謝礼がもらえる仕組みのことです。

簡単なのでスキルが身につかない上、1件あたりの単価が極端に低いため、おすすめしません。

ある程度まとまった収入を得るには膨大な数をこなさなければならないので、時間が限られる副業には不向きです。

3.単発バイト・アルバイト

アルバイトは働いた分だけ確実に収入になるので、すぐにお金を用意したい人向きです。

あまり高度な仕事は経験できず専門的なスキルや知識も身につきにくいため、会社員のキャリアを広げる手段としては物足りないと言わざるを得ません。

最近ではフードデリバリーの仕事が増えていますが、他の業界などに活かせる部分が少ないためおすすめ度は低くなります。

正しいノウハウを身につけてから取り組むべし!リスクありの副業

次は副業として人気があるのですが「リスク」を伴う副業をご紹介します。

投資や物販などは一定の資金が必要になることから、失敗したときのリスクが大きめです。

しかし、きちんと正しいノウハウを学ぶことでリスクを抑えつつ安定的な収入を得ることも十分可能です。

1.株式投資

株式投資とは、企業が発行する株式を売買し、その差額や配当金で利益を得る投資方法のことです。

株式投資には短期取引と中長期的な取引とがあり、特に短期取引は大きなリターンが期待できる一方でリスクも大きめです。

株式に関する情報はネットなどにも溢れていますが、その中から正しい情報を見極めるには知識と経験が不可欠です。

「株式投資ってギャンブルみたいなものでは?」と思う方も多いと思いますが、それは正しいノウハウやスキルを理解せずに取り組むからにほかなりません。

十分に勉強し、理解してから取り組めば副業として大きな味方になってくれます。

2.FX

FXとは外国為替証拠金取引のことです。

国内の個人口座では証拠金の25倍もの金額を投資できるというメリットがありますが、その分ミスをした場合は損失のリスクも大きくなります。

株式投資と同じく、根拠に基づいて相場を分析し、適切にリスク管理を行えば利益を出せる可能性が高くなります。

それにはきちんと時間をかけて勉強する必要があり、講座などでプロに学ぶのがおすすめです。

3.仮想通貨(暗号資産)

仮想通貨

最近ではニュースなどでも耳にする事が増えた仮想通貨(暗号資産)。

仮想通貨(暗号資産)は円やドルのような通貨とは異なり、発行主体が国や国の中央銀行ではありません。

例えば、世界最初の仮想通貨ではビットコインは発行主体そのものが存在しませんし、時価総額の大きなXRPは一企業が発酵主体となっています。

値動きも激しいため利益が安定しにくく、手放すタイミングによっては大きな損失が出ることもあります。

通貨の種類ごとにその仕組みなども異なるため、それぞれの通貨について正しく理解したうえで取り組む必要があるでしょう。

4.物販

せどりなどの物販ビジネスでは仕入れのための資金が必要です。

収益を増やすためには商品数や種類を増やす必要があるため、その分在庫リスクも大きくなります。

商品数や商品の種類が増えるにつれて労力や作業時間も増えるため、個人の力で稼ぐには収入の限界があります。

収益が安定してきたら仕入れから販売までのプロセスを仕組み化し、アウトソーシングも行いながら効率的に取り組むことが成功のポイントとなります。

工夫次第では実働時間を数時間/週にとどめながら、10~100万円/月くらいの収入を得ることも可能です。

スキルが活かせる・身につくおすすめの副業

スキルアップ

続いて「おすすめの副業」をご紹介します。

どれも自分のスキルが活かせたり、スキルの向上が見込める副業で、一度身につければ今後大きな力となってくれるものばかりです。

1.Webライティング

企業から依頼を受けて会社のコラム執筆を代行したり、Webメディアに掲載する記事を書くといった、Web上にある様々な文章を書く副業です。

クラウドソーシングなどに登録して地道に実績を重ねていけば、未経験者でも始めやすいという特徴があります。

はじめは文字単価0.2〜0.3円程度の簡単な案件から取り組み、徐々に高単価な案件を狙っていくのがおすすめです。

収入を増やすには取材や撮影など対応できることの幅を広げたり、SEOの知識を身につけたりなど、ライバルと差別化する努力が必要となってきます。

ですが、良い文章を書くという能力は身に付いてしまえば一生使えるスキルです。

副業以外でも様々な場面で役立ってくれるスキルとなってくれます。

2.プログラミング

プログラミング

プログラミングもクラウドソーシングなどで仕事を受注できます。

難易度はWebサイトやLP制作などの比較的易しめのものから、アプリ開発など高度なスキルが求められるものまで様々です。

始めは単価低めの案件から実績を積み、ステップアップしていくのが成功の近道です。

1つの案件で5,000円前後から30万円以上のものまで様々なお仕事があります。

日本ではIT人材不足が深刻化しているため、未経験者ならプログラミングスキルの習得を考えるのも良いでしょう。

在宅でも取り組みやすいのもおすすめポイントです。

3.動画編集

YouTubeなどの動画配信プラットォームが拡大するにつれて需要が高まっているのが動画編集のスキルです。

動画の投稿本数が日に日に増えているため、動画編集スキルを持つ人材が不足しており、これから新たに参入するとしても収益化のチャンスは十分にあります。

動画編集を副業にするには、動画編集ソフトの使い方など基本的なスキルと知識の習得が必須です。

こちらも低単価の案件から少しずつ実績を積んでいくのが定石となっています。

さらに編集だけでなく動画の企画や構成を考えたり、撮影までワンストップで行うことが出来ると単価の工場が見込めるため、動画の制作に興味がある人はそういったスキルも合わせて勉強・習得することをおすすめします。

まとめ

今回は「おすすめしない副業とは?低リスク&スキルが活かせる副業も合わせて解説」と題して、具体例を挙げながら解説しました。

 

せっかく副業をするのであれば、自分自身のスキルアップが見込めるものを選ぶのがおすすめです。

逆に時間を切り売りするような副業は、時間を大量投入するしか収益を伸ばすことが出来ないので、おすすめできません。

また、リスクが高い副業は事前にきちんとノウハウを学び、リスク管理の方法をあらかじめ知っておくことで安定的に利益が出せる可能性があります。

 

副業アカデミーでは様々な副業に関する講座を開設していますので、ぜひ正しい知識やノウハウを学ぶ方法の1つとしてご活用ください。

まずは無料の説明会にご参加くださいね。

 

また、「自分はどの副業に取り組めばいいんだろう?」といった疑問がある方のために、副業について気軽に相談ができる「無料個別相談」も行っていますので、こちらもあわせてご活用ください。

 

それではまた。

  • Share on Facebook
  • Share on Twitter
  • メルマガ&LINE@

    メルマガ登録ボタン

     

    LINE@登録ボタン
  • 最新の記事

  • Pickupセミナー

  •  

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter で副業アカデミーをフォローしよう!


    セミナーお申込み・資料請求お申込み

    副業アカデミーでは、セミナーのお申込み・資料請求のお申込みを随時受け付けています。

    まずはお気軽にお申込みください。

    弊社では業務に際しお客様のプライバシーを尊重し個人情報に対して十分な配慮を行うと共に大切に保護し適正な管理に努めております。



    個人情報利用目的

    お客様の個人情報は、原則として、当社のサービスに関する情報をご提供する目的や当社に対するご意見、ご要望に関する今後の改善、及び、問い合せに関するご回答のために利用致します。 それ以外の目的で利用する場合は個人情報をご提供いただく際に予め目的を明示しておりますのでご確認下さい。




    個人情報の管理

    お客様の個人情報は、第三者がアクセスできないよう、安全な環境下で管理しております。



    第三者への情報提供

    お客様の個人情報は、以下の場合を除き第三者に開示、提供、譲渡することは致しません。
    ・当社の業務委託先、グループ関連会社において業務遂行上必要な場合
    ・法的拘束力がある第三者機関からの開示要求がある場合
    ・お客様本人の同意があった場合



    お問い合わせ窓口

    お客様の個人情報に関するお問い合わせにつきましては、下記窓口で受け付けております。
    株式会社レベクリ
    〒103-0033 東京都中央区新川1-6-11 ニューリバータワー3階
    TEL03-5244-9409